FC2ブログ
27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五行シリーズ最終夜
2007/03/08/ (木) | edit |
本当に長々とお送りしてまいりました五行シリーズ。
今夜こそやっと最終夜です。

さて、この五行シリーズ。
」「」「」「」「
という順番でお話してきました。
で、この順番、
で燃えて灰になり、灰はに変わり、
土が積み重なってやがて地層を築き、地層はなどの鉱物を生み出す。
鉱物の豊富な地層は雨水を清いにする。
水は木を育てる。そしてまた木は火で燃えて・・・」
というのを繰り返す「相生」という働きにそった順番なのですが、
五行にはもう一つのサイクルがあります。

それが「相剋」

から養分を得る。属を溶かす。を吸収する。
属の斧は木を切り倒す。を消す。

これは他を制限し合う働きで、
「相生」がアクセルだとしたら、「相剋」はブレーキ。

大自然のサイクルではこの「相剋」というブレーキが非常に大切。
この「相剋」というブレーキによって大自然が一定のリズムで
順調にめぐることができるのだそうです。

で、この「相剋」ちょっと見一方が一方から一方的に
奪っている、負担をかけているようにみえますが、
実際は与えたり与えられたりの関係なのです。

木は土から養分を得ますが、土は朽ちた木によって養土になります。
火は金属を溶かしますが、金属は火によって色々形を変えることが出来ます。
土は水を吸収しますが、水は土を通過することで清められます。
金属の斧は木を切り倒しますが、木は切られて加工され斧の柄などになるのです。
水は火を消しますが、火は水によって火力を調節できるのです。

なんかね、こう考えると、サイクルって大事だなと。
循環というか、円運動というか。
さらにアクセルよりブレーキの方が大事って、
五行さんはまた素敵なことをおっしゃってるなと。

現在の日本は当たり前ですが資本主義社会で、
企業も絶えず右肩上がりを要求し、要求され、
毎年毎年前年比○○%アップを目標としてやっていってるわけです。
でもね、そんなに毎年毎年右肩あがっていけるのでしょうか?
右肩ばっかり上げてたら右肩が疲れませんかと。
最近嫌な事件が多いのはその疲れが出てきてるのではないのですか?
そろそろ肩をおろして、ぐるぐる回る循環型の社会にしていきませんか?
と思ってしまう今回の五行シリーズなわけでした。
以上、五行シリーズ、終了!

ちなみにこの五行シリーズ、全編にわたり参考資料がございます。
今回などはまんま抜粋です。
その参考資料は「陰陽生活のすすめ 寺田直剛著 国書刊行会」です。
陰陽五行のことが非常にわかりやすく書かれております。
ご興味ございましたら、ぜひご一読を。

で、次回はたぶん(僕的に)重大発表になると思います!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。