FC2ブログ
27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神様からの贈り物?~第一夜~
2007/03/20/ (火) | edit |
どーも僕のぎっくり腰は3日程たたないと治らないようで。
3日目からはあきらかに楽になるんですよねぇ。
やっぱり精神的なものなのでしょうか?

で、以前このブログの五行シリーズ「水 第二部」で
水道水の塩素消毒導入とともに大麻を禁止したのもGHQである”なんてお話をしましたが、
自分で言っときながらこれが非常に気になり、
最近「麻ことのはなし―ヒーリングヘンプの詩と真実」を購入し読み始めました。
まだまだ、最初のほうしか読んでいないのですが、これが非常におもしろい!

麻ってほんとにすごいらしいです。

以下は「麻ことのはなし」からのほぼ抜粋となります。

例えば森林伐採による地球温暖化の問題。
紙として利用する場合、木材パルプに比べ、
大麻パルプは同じ栽培面積で4倍もの紙を生産できるそうです。
さらにその耐久性もすぐれもので、1776年のアメリカ独立宣言の起草文は
大麻紙に書かれているそうなんですが、200年たっても劣化がほとんど見られないそうです。
さらにさらに大麻は1年草なので樹などと比べ生育期間も極度に短く済むため、
森林伐採自体を食い止めることも可能だとか。
で、この大麻をヨーロッパ全土の12%の土地に植えたとしたら、
その年の全世界での紙の使用量をまかなえるというデータもあるとか。

すごい

さらに、地球温暖化の主原因である排気ガスなどの化石燃料による
二酸化炭素排出問題に対しては、
大麻の種子や茎などからいま石油に代わるクリーンエネルギーとして注目されている
メタノールを作ることも可能なのだそうです。
さらにさらに、大麻は空気中の二酸化炭素を酸素に還元する力が
他の植物よりも非常に大きく落葉樹の3倍から4倍の二酸化炭素を吸収するそうです。
で、またまたこの大麻を北アメリカの6%の土地で燃料用に栽培したならば、
合衆国は全く化石燃料に依存しなくて済むというデータもあるそうです。

で、この大麻の有用性が最近になり再び認められ、
ヨーロッパなどでは産業用としての栽培が認められてきているそうです。

で、こんなにすばらしいこの大麻さん、
今までなぜ禁止されてきたのか。
日本はGHQの影響下で禁止されたようですが、
その大元であるアメリカでなぜ禁止されてきたのか、

それはいつも通り長文となりましたので、次回に続きます。

次回は大麻さんが嫌われてきた理由と
僕が思う大麻さんの「なんだかなぁ」という部分を
長文にならなければ書きたいとおもいます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。