27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お庭~第一夜~
2007/07/30/ (月) | edit |
本日は満月でございますね、のんでございます。
昨日も今日もですが、大気の状態が不安定なのか、
ここ横浜は雷なり~の、どしゃぶり~ののお天気
まんまるお月様は見れなさそうです。

さてさて、前回は健康本のお話をいたしましたが、
やはり考えてしまうのは食の安全性。
「市販の食品は全て化学物質まみれなのでは?」
と思えてしまいます。

そう考えると、自給自足は難しくとも、
作りやすい品種のお野菜などは自分ん家のお庭で作って食べたい!
と思ってしまうのですよねぇ。
たとえ少量でも安全な食材を自分で作って自分で食べる。
自分の住んでいるその土地のエネルギーを野菜を通していただける。
なんかいーなぁと思ってしまいます。

さらに、そう考えると、話はさかのぼり、店舗候補決定の際に
やはり庭付き一戸建てにビシッ!と決めとけばなぁなどと、
こうみえても(どうみえるかわかりませんが)
済んだことをいつまでも引きずってしまう男、
未練がましさメジャーリーグ級の僕は思ってしまうわけです。

そんな話を、健康のためにしていることは健康本をよむ”だけ”の女、
健康を意識するのだけはメジャーリーグ級、
しかし、その行動は少年野球レベルのウチのオカンにしたところ、
先日、とてもうれしい”あるもの”を持ってウチのサロンに来てくれました。

が、今日もたいした内容でもないのに長文となってしまいました。
この続きはまた次回!
スポンサーサイト
thema:野菜
genre:グルメ
あくまの人形
2007/07/25/ (水) | edit |
”あくのじゅうじか”とか”きょうふの味噌汁”とか
怖いお話と見せかけたネタ話がいくつか世の中にはございましたね。
最近の小学生達もそんな話をしているのでしょうか?

さて、気温も上昇しやっと夏らしくなってきたので
今夜は稲川淳二師匠も真っ青な怪談話
ではなく、健康についての怖いお話。

今夜の内容は全部
「病気にならない人は知っている」ケヴィン・トルドー著
を参考にしております。

で、前回でも市販のシャンプーや歯磨き粉がいわゆる
添加物だらけとお話いたしましたが、
この本の中身はもっと過激な内容が記されております。

まずは病気になったら服用する医薬品。
市販、処方箋薬問わずこれが全て毒だとケヴィンは言っております。

「りんごを30個食べても死にはしないが、
 薬を30錠飲んだら死んでしまうだろう!

とケヴィンは絶叫!したかどうかはわかりませんが、
おもしろい例えでその毒性を強調しております。

僕も元々薬に頼るのは嫌いですし、
主作用もあれば副作用もあるのがお薬なのでこれには納得。

さらにケヴィンは「食が危険だ!このやろ~!」と吠えております。
ファストフード系の食品はもちろん、
株式上場している大手メーカーの食品も添加物まみれであると。
「天然食品」と表記してある食品は特に注意が必要だと。

大手メーカーが金の力で政治家に働きかけ、人工物が入っていても
法律上天然食品と分類できるようなシステムを作ってしまったんだと。

「気をつけろ!成分表をよく読め!」と吠えております。

さらにさらに

「電子レンジはエネルギー的に悪いから使ったらあかん!」

「水道水は塩素だらけや!飲むのはもちろん、シャワーも避けろ!」

「目から入る不快な情報、新聞やテレビも毒素となる!」

「耳から入る音、目覚ましやクラクションなども大ダメージだ!」
とその勢いはとどまるところをしりません。

「じゃぁどうないせぇちゅうねん!」

とケヴィンに詰め寄りたいところですが、
この本のいいところは代替案を一応示してくれているところ。

ケヴィンは言います。
人の作った作物は食うな!自給自足しろ! 」と。

まぁ、ここまで極論はしておりませんが、
どうやらそういうことのようです。

んで、現実問題それは無理なので、
出来ることからやりましょうというのがケヴィンのスタンス。
信頼できる自然食品屋さんを見つけましょということのようです。

もちろん、この本、してはいけないことばかりを指摘するのではなく、
健康のためにやったほうがいいことなども紹介しております。

適度な運動やストレッチ、感謝の気持ちを持つ
などのストレスレスな生活をおくることの重要性が述べられている中に

なんと、

スウェーデン式マッサージを定期的にうけろ!

という項目があるではありませんか!!

ないすけびん!

その日本ではあまりなじみのない
スウェーデン式マッサージを受けられるサロンはこちら!
       ↓
ウチのサロン


って、しまった。この内容、サロン用ブログに書けばよかった…


え~、今から何事もなかったようにサロンブログにも
この内容を縮めに縮めてアップしますが、
皆様もしリアクションをとっていただけるようでしたら、
さも初めてみたようなリアクションでお願いいたしますm(_ _)m
thema:健康第一
genre:心と身体
は~最終夜~
2007/07/22/ (日) | edit |
健康のために食べ物は32回噛んでから飲み込むことにしたのんです。

さて、前回PMTCにより歯がぴっかぴかになった僕。
しかし、歯磨き粉を使うのはやはり避けたい。
その解決策をビシッ!と見出したのですが、
まずは僕が歯磨き粉を使いたくない理由。

それはピロリ菌さんがおっしゃるように添加物の塊だから。

何を調べていたのか忘れましたが、ネットサーフィンをしていると
ふと、「合成界面活性剤」なるページにたどり着きました。
(気になる方はクリック↑してお好きなページをご覧ください)

んで、読んでみると、市販の歯磨き粉、シャンプー、リンス、
洗剤などはほとんど合成界面活性剤が入っていると。
んで、これが身体に悪いと。
皮膚に触れるシャンプーなどは皮膚炎になる可能性があり、
口の中に入る歯磨き粉などは肝臓に悪影響を与え、
ラットでの試験ですが発ガンの危険性まであると。

コワス!ギザコワス!!
(若者文化に必死について行こうと試みる32歳いて座

健康のためなら死んでもかまわない、本末転倒な心粋な僕は
こういうことに敏感に反応してしまいます。

というわけで、それ以来歯磨き粉を使わなくなったのですが、
それはそれで今回のようなことになってしまいます。

で、思いついた解決策は…

週一回くらいなら歯磨き粉つかってもいいんじゃねぇ?」

というなんとも消極的な解決策。

しかも、僕がチョイスした歯磨き粉は
研磨剤がたっぷりはいってそうな
ドイツ生まれの「セッチマ」という商品。

これで、歯もくすまず、健康にも大丈夫と思っておりましたが、
前回のピロリ菌さんや囚人さんからいただいたコメントを拝見すると、

研磨剤って余計あかんのね。

塩で磨けばよかったのね。

ん~、なるほど。

ただ、この「セッチマ」さん。ちょっとお高かったの。
なので、すぐにやめるのもあれだなぁ。

お塩で歯磨きはセッチマさんがなくなってからということで。

さて、この界面活性剤だけでも十分怖いのですが、
健康のために健康本をよむだけで満足してしまう
うちのおかんがさらに怖いことが書いてある本を貸してくれました。

タイトルは「病気にならない人は知っている」
ベストセラーらしいので読んだことある方もいらっしゃるかと思いますが、
この本に書いてあることがそりゃ怖い。
その気になる内容は、いつも通り次回に続かせていただきます。



は~第一夜~
2007/07/18/ (水) | edit |
ついに風邪と二日酔いの違いもわからなくなってしまったのんです。

さて、前回の続き、ファミレスにて姉に言われた衝撃の一言とは!

姉「は」

のん「は?」

姉「あんた歯汚いよ」

のん「あぁ」

ここ1年ほど僕は歯を磨く時に歯磨き粉を使用しておりませんでした。
詳しい理由は次回述べますが、簡単に言うと身体に悪いらしいから。

なので、自分の歯がくすんでいるのはわかっておりました。

おそらく英国人のDNAをもつばかりに
身体が自然と欲してしまうハーブティやコーヒーの大量摂取と
身体にワインが流れているといわれる川島なおみばりに
朝からワインを飲む生活習慣。
そしてタバコを吸いながら葉巻をのむハードボイルドっぷりが災いし、
ステインが歯に吸着したのがその原因と思われます。


の「んぁ、自分ではわかってたけど、他人は気にしないかなぁって」

姉「サービス業なんだから身なりは綺麗にしとかなきゃ」

の「う~ん、でも歯磨き粉身体に悪いし…」

姉「そんなんじゃ、女の子にもてないよ!」(←衝撃の一言)

の「!!!!!!!!
  明日、朝一で歯医者いってきます!」

というわけで、朝早くからネットで歯医者を検索していると、
なんと保険適応で歯を綺麗にするPMTCという技術があるというではありませんか!

早速行って歯医者の中心で「PMTC!」と叫べば、
簡単な問診、検査後、歯石をとりそのままPMTC。

で、結果、

ぴっかぴか

いや~、実はね、ちょっと心配していたんですよ。
この歯の汚れの原因はステインでなく栄養不良とか
体調不良が歯に出てきたんではないのかって。

僕の中で病院は病気を治すところではなく、
病気を見つけられる、もしくは病気の気分にさせられるところだったもんで。
なので、変な病気が見つかるのも嫌だなぁって。

もうね、行ってみたら気分もすっきり♪

自転車こいで鼻歌歌ってオウチへ帰ってまいりました。

ただ、このまま歯磨き粉を使わない今の生活を続けていれば
また歯が汚れるのは火を見るより明らか。
国の健康保険財政が火の車なのに、
今後も歯のクリーニングくらいで保険を使うのも心苦しい。
なので、ビシッ!とした解決策を見いだしたのですが、
いつも通りの長文なので次回に続きます。

ちなみに、僕は英国人のDNAも持ちませんし、
ワインも苦手ですし(特に赤は)、
タバコも葉巻も生まれてこのかた口にしたこともございません。
流れで書いちゃった。てへ
ホタル~最終夜~
2007/07/12/ (木) | edit |
時代を先取りする男、のん。昨日の夕飯はうなぎ(←これはへび)でした。
ちなみに夏土用は7月20日から!でしたっけ?

さて、シリーズ化しないようなお話のはずの”ホタル”ですが、
2話完結の今夜が最終夜。

実家の両親とホタルを見に行った話を姉にしたところ、
「あたしも連れてけ!」とのご命令。

「んぁ~、いいけどもういないんでないかい?」

と思ったものの、ちょっと調べると、発光するホタルは数種類いるのですね。

ひとつは僕がおとんとおかんと見たゲンジボタル
これが6月中旬から7月入るくらいまでが旬だと。

んで、もうひとつがヘイケボタル
この子達の旬が7月から8月。
ちょうどその時は7月の初旬だったのでヘイケさんを見るのにばっちり!

しかし、このヘイケさん。
ゲンジさんがおもに小川などに生息しているのに対し、
ヘイケさんは池や沼などの水が溜まった場所に生息しておられます。

果たして四季の森にヘイケさんが住めるところがるのか?
というと、これがあるのですね。

先日両親といった時に管理者のおっちゃんが言っておりました。

「ここはヘイケもきれいだよぉ。
 光はゲンジ(ジャニーズのアイドルの名ではない)に比べて薄いけど、
 ショウブ池にあつまるヘイケはそりゃ見事なもんさぁ」
とのこと。

というわけで、ヘイケさんに会いに意気揚々とショウブ池へ向かおうとしたところ、
姉はけっこう多忙なため、ホタルが旬の20時から21時をのがし
23時に出陣のためあたりは真っ暗。
さらには、

「かわいい子連れて行くから!」

と一緒に連れてきてくれた子は
確かにかわいい素敵な方なのですが、彼氏もち
テンションだだ下がりで舌打ちの一つでもかましながら
ショウブ池に向かおうかと思ったのですが、これがすごい!

なにがすごいってもう真っ暗。
うちの実家もたいがい田舎なので暗闇には慣れているつもりでしたが、これが非常に怖い。
何かホタル以外の光をみてもなんらおかしくない状況。
ただ、僕以上に姉とそのお友達が怖がっていたので
その時は平気でしたが、一人では決して歩きたくはありません。

んで、気になるヘイケボタルさんですが、どうも睡眠中のようで、
起きていたのは夜更かし好きな5匹ほどのヘイケさん。

ショウブ池以外にもさらに公園の奥の方にヘイケさんスポットが
あったようなのですが、あまりの暗闇の怖さのため、

「うん!今日はいない!」

と断定し、そそくさと帰路に着いたのでした。

で、その後、ファミレスで姉と食事をしたのですが、
その時、姉が衝撃の一言!

というわけで、今日もいつも通り無駄にあおり次回に続きますが、
テーマが違うのでホタルシリーズはこれで終了!

本日も長文をお読みいただきありがとうございました。
ホタル
2007/07/07/ (土) | edit |
長期シリーズを終え、勝手に燃え尽き症候群になっていたのんです。
ていうか、ネタがなかったのね、ただ単に。

でも、ただの個人ブログにネタがどうこうなんてたいそうなもんでもないと
はっと気づいたので今日は四方山話。

え~、まだまだ始ったばかりの我がサロン。
やっぱり暇な時間は多いわけで。

そうすると、両親も心配なのか、
はたまたただ単に夫婦の会話が少なくなり暇なだけなのか
たま~にうちのサロンに施術を受けにきつつ遊びに来ます。

で、だ~いぶ前の日記でも書きましたがウチの実家は超田舎。
ただ、田舎だからという理由でもないでしょうが、
実家の近所にホタルが見える公園がある話を両親から聞いておりました。

ロマンチックがとまらない僕としては、
ぜひぜひホタルが見たいと思っておりましたが、
どうもここ数年は護岸整備の工事のためホタルの数が激減してるとのこと。

なので、
「ほかに横浜でホタル見れるとこないんかいなぁ?」

とエセ関西弁でネット検索をかけたところ、
ウチのサロンと実家の丁度中間に”女だらけの水泳大会”も真っ青な
ホタルだらけのスポットがあると。

その名は「四季の森公園」

もともと県が開発のために買い取ったものの、
特に開発もせず、どうせだったらそのまま自然残すべぇと
なんとも奥ゆかしい発想から生まれたらしいこの公園。

ここがすごいと。ホタルがわんさかいると。

なので、早速サロン終了後両親と行ってまいりました、四季の森公園。

結果から申しますと、

いっぱいいた

ホタルいっぱいいた。

いんや~、幻想的ですね、ホタルって。

遥か頭上の木の枝にとまり点滅する光や
上からハラハラと落ちてくる光。
水平にす~と移動する光。

トータルで50匹ほどは見れたでしょうか?

いや~、満足満足と公園を歩いていると、
公園管理者のおじさんがすれ違いざま一言。

「今日はすくねぇなぁ」

おじさん曰く、
「200匹くらいみないとホタルを見た気がしない」とのこと

むぅ。見てみたいなぁ。ホタルの大群。

ちなみに、その後実家の近所にあるホタルが見れるという公園にも行きましたが、
ここでみれたのは2匹。

むぅ。この公園にホタルは戻ってくるのでしょうか?
護岸整備早く終わらんものか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。