FC2ブログ
27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かわいっすね~第二夜~
2008/02/18/ (月) | edit |
いや~、かわいいっすね、木村カエラ

というわけで、キャッチコピーのお話。

ぼくの大好きな中島らもさんがその著書のなかでも
たびたび名(迷)コピーとして登場させているキャッチコピーがあるんですが、
それをご紹介する前に、これまたらもさんのエッセイの中で
何度かでてきたお話をひとつ。

ウォシュレットってあるじゃないですか。
おしり洗浄機?ですか、一般名は。
トイレニストである僕ももちろん使用しております。

で、この「ウォシュレット」をTOTOが発売する時、
そのキャッチコピーを選考する会議はまさに喧々諤々だったそうです。

そりゃ、いままでなかったジャンルの商品です。
おしりは紙で拭くのが当たり前。
水で洗う必要はこれっぽちもない。
なぜわざわざ高いお金を出して水で洗わなければならないのか?

現時点では生活に全く必要のない商品を売らなければいけない。
この商品のよさを消費者に的確に伝えなければいけない。

大手広告会社の営業マン達は膨大な資料を添付した企画書を元に
あーだこーだとアピールしたそうです。

消費者はアンケートでこう答えてるからうちの広告はこういうコンセプトで、とか、
この統計資料では消費者はこう思っているのです!とか…
まぁ、これは僕の想像ですけどね。
なんかこんなことを言いってそうじゃないですか。広告会議って。

それこそ、企画書の厚さでそのキャッチコピーの優劣を訴えてたというようなことを
らもさんも書いておられましたが、そんな煮え煮えな会議室のFAXが突如カタカタと動き、
そこには殴り書きでたった1行こう書かれた紙がでてきたそうです。

おしりだって、洗ってほしい」 仲畑貴志

う~ん、かっこいい。
コピーはもちろん、このシチュエーションがかっこいい。

会社の大小、企画書の厚さ、統計資料、ニーズ分析など全く関係なく、
このコピーの持つ説得力にあっさりと軍配があがったそうです。

その後は皆さんご存知のようにこのキャッチコピーで
「ウォシュレット」は見事その市民権を獲得し、
いまでは僕のおしりにもなくてはならないものとなりました。

こうやって考えるとコピー(宣伝)はモノでなく、
サービスを提供するウチのようなサロンでもとっても大事。

特にうちのような「癒し」をご提供している…ってあれ?

このシリーズはらもさんの名(迷)言を紹介するシリーズだった、てへ。
サロン運営のお話はまた今度。

で、またまた長文になりましたので、らもさんの名言はまた次回。

ちなみに、コピーライターの仲畑貴志さんですが、

「ココロも満タンに、コスモ石油」

「目のつけどころが、シャープでしょ」

など数多くの名コピーを生み出しているコピーライターさんです。

ニホンザルがウォークマンを手にして目を閉じて聞き入るCMあったじゃないですか。
あれも仲畑さんなんですって。すごいなぁ~。

そんな数ある仲畑さんが考えた名コピーのなかでも
らもさんが特に感心していたコピーがこれ。

「ベンザエースを買ってください」

たしか小泉今日子さんがCMしてたやつですよね。

プロのコピーライターからするとここまで直球なコピーは
なかなかでてこないらしいです。

「スウェディッシュを受けてください」

う~ん、サロン広告としてはちょっと違うな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。