27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤスケンに学ぶ
2008/11/28/ (金) | edit |
ここのブログを長らくご覧いただいている方はご存知かと思いますが、
僕は水曜どうでしょうという番組が大好きなんですね。

で、この番組はあの大泉洋さんがブレイクするきっかけともなった作品なのですが、
その番組の準レギュラーに安田顕さんという方がいらっしゃるんです。

で、この安田さん、どうでしょう初登場は
北海道テレビのマスコット、onちゃんの中の人として出演。

マスコットの中の人なので絶対しゃべってはいけない。
というか、むしろ誰でもいいわけです、中の人ですから。
でも、番組ディレクターの藤村Dは中の人に安田さんを”抜擢”する。
安田さんはタレントにもかかわらず、本当に一言も発することなく
onちゃんの中の人としての役割を貫くんですね。

その後、安田さんは幾度かどうでしょうに出演されるんですが、
そのどのシリーズでも安田さんはご自身の役割に愚直なまでに徹するのですね。

で、いま僕は「激闘!西表島」のDVDを見直しておりまして、
その中の副音声で安田さんと藤村D、嬉野Dがお話をしているんです。

もともと大泉、ミスター、藤村D、嬉野Dではじまったどうでしょうの中に、
安田さんがあとから入っていくのは非常に難しいことだと、
その中でも自分の立ち位置、役割を考え、それに徹する。
そんなことを安田さんは副音声の中でおっしゃっていて、
藤村Dはその安田さんの”個性”を絶賛しているんですね。

そして、「激闘!西表島」では安田さんはほとんどしゃべらないんですね。
(それ以外のシリーズでもあまりしゃべりませんが…)
安田さんの第一声はシリーズ第二夜か第三夜。
それまでは安田さんの”や”の字も紹介されず、
ご自身も自ら前に出ることもなく、それでも安田さんとしての個性、役割、
おもしろさがちゃんとこちらに伝わってくるんですね。

すごいなぁ、安田さん。
と思いながら、どうでしょう公式ページの日記を見ますと、
チームナックスのことに触れられていてその中でも
藤村Dは安田さんの作った作品のことを絶賛しているのですね。

以下抜粋

安田さんの作品は、なんというか、ちゃんと個性が押し出されているのが、
「安田さんは作り手としても最強の武器を持っているなぁ」と思いましたね。
「彼でしか作れない」という個性をちゃんと持っている人は、本当に今、少ないんです。


抜粋終わり

「彼でしか作れない」という個性をちゃんと持っている
そしてその個性をちゃんと押し出す
それが最強の武器となるんですね。

どうでしょうからみられる安田さんの個性はその愚直さ。
与えられた役割を全うする愚直さだと思うのです。
それがきちんとこちらに伝わってくるんですね。
「対決列島」というシリーズが僕は大好きなのですが、
その中の安田さんはまさに愚直。
それが彼の個性を際立たせ、大爆笑を誘うのですね。

ちょっと前にお話しましたが、いまウチのサロンの集客はホムペに頼っております。
そのホムペをまたリニューアルしようと考えております。

といっても、ことさら個性的に際立ったホムペにしようとかそういうわけではありません。

現在のホムペはよく読んでいただけると僕の想い、
個性が伝わってくるホムペにはなっていると思います。
でも、「ちゃんと押し出し」てはいないのですね。

読み込んで読み込んで読み込んでいただかないと伝わらないのです。
でも、これでは伝わっていないのと同じ。
伝わらないということは個性がない、想いがないというのと同じです。

先にあげたonちゃんですが、局マスコットとしては異例の人気を誇っております。
その一因として”安田さんが中にはいったonちゃん”もあると思うのです。

ヤスケンがonちゃんの中にいて、
彼自身が見えなくても、彼の魅力を伝えられたように、
一度ホムペを訪れた人に僕の想いがちゃんと伝わるように、
そして、サロンに来ていただいたらその想い通りだったと感じていただけるように、
もう一度、僕の中の軸を再確認し、
それをホムペ、サロンに落とし込んでいこうと思っているのです。

大変長文になりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

さらにですが、先にあげたどうでしょうの藤村Dの日記の中に、
安田さんの個性が感じられる記述がありましたので、
それを抜粋して本日の日記を終了いたします。

以下抜粋

わたくし、一瞬心臓が止まりそうになりましたね。

深夜のエレベーター前。

ぶつぶつ言いながら、うずくまっている男がいるんです。

両手にはコンビニの袋。ひとつには水が2本。もうひとつにはなぜかお好み焼き。

・・・安田さんでしたね。

先ほど飲み屋で強制送還されたはずの安田さんが、

「屋台のなんとかに行かなきゃ、屋台のなんとかに行く」

みたいなことを、ぶつくさ言ってるんですよ。

気持ち悪くなりましてね、でもほっとくわけにもいかないんで、

「安田さん、帰りましょう」と、

「屋台はもう終わったよ」と、優しく介抱してね、部屋まで送り届けましたよ。

「あー、最強だな」と、思いましたね。


抜粋終わり。

水曜どうでしょう http://www.htb.co.jp/suidou/index.html

スポンサーサイト
生きることに
2008/11/23/ (日) | edit |
ひどく疲れました














というフレーズがジュディマリの歌の中にあるんですね。

なんか好きでして、このフレーズ。

正式には

僕は言いました「生きることにひどく疲れました」
ハードルは低くしておくものよ覚えててね

~motto JUDY AND MARY~

で、現在まさにこの歌詞のように生きることに”少し”疲れているのですね。
こんなことは1年のうちでも260日くらいしかないのですが、
まぁ、こんな時もあるわけで…

何ですかね~、目に見える結果と言うか、
思い通りにいかない事というか
(まぁ、今まで生きてきて思い通りにいったことなんて何個もありませんが)
そんなことがありますとよくこういう状態になるのですね。

で、そうしますと、サロン運営のモチベーションが下がるといいますか、
以前こちらでお話したアイデアなども全く出てこなくなるのですね。

で、こんなときはもう仕事のことやら何やらを忘れて
どこか遠くにバカンスにでも行けばいいのですが、
なにぶん根が真面目なもんで仕事を休む気にはならんのですね。
まぁ、サロン的にせっかくご連絡くださるお客様に
申し訳がないというのがあるんですがね。

で、結局また色々サロン運営について考える→いいアイデア浮かばない→
でも考え続ける→浮かばない→凹むと負のサイクル満載なわけです。

なのでこの場をお借りしましてぐちぐちぐちと現状を吐露してみました。

で、前回こんな気分になったのはこの時その前はこの時
けっこう頻繁になっているのね、ワシ。

ちなみに、ジュディマリのmottoはこう終わります。

あせらないでそれよりも今を愛してね
復活!書評ブログ~第三夜~
2008/11/17/ (月) | edit |
前回ご紹介してから何日経ちましたでしょうか?

なんとなくうやむやになってしまいました書評ブログ。
今回を含めあと3つは紹介したい作品があるのですね。
なので、カウントダウンナンバー3!(意味なし)

今回はこちらの作品です!

週刊石川雅之 (モーニングKC)週刊石川雅之 (モーニングKC)
(2003/02/21)
石川 雅之

商品詳細を見る


ご存知(?)『もやしもん』の作者石川雅之さんの短編集です。
こちらの短編集はご存知(?)僕の大好きな週刊モーニング上で
10週連続掲載を勝ち取った(?)際に
10週連続でモーニング上で連載された作品なのです。

この短編集はどれこれもおもしろいのですが、
まず第一週目が非常に秀逸。
どんでんがえしが好きな人には特にお勧めで、
同じようにいくつかのストーリーでもクスッと笑えるどんでん返しが盛り込まれております。
あと、日常のヒトコマも良いんです。
たわいもなさそうな日常を切り取った作品に非常に味があります。

このテイストが後のもやしもんの大ヒットにつながるのでしょうね。

ちなみに、この方の描く女性の線というんでしょうか、
ラインは非常に魅力的なんですね。
そこら辺も大変重要なポイントだと胸を張って宣言したい今日この頃でございます。

もやしもん6巻限定版 ぬいぐるみ付きもやしもん6巻限定版 ぬいぐるみ付き
(2008/02/22)
石川 雅之

商品詳細を見る


もやしもんは文句なしでおもしろいです。
ぐちぐちぐちぐちぐち~最終夜~
2008/11/14/ (金) | edit |
前回のお話の続き。

ネット広告がちゃんと表示されない件で
サポートセンターに2回ほど問い合わせしていたんですね。
でも、その答えがいまいち納得のいくものではなかったんです。

で、そっち系に詳しい友人などに聞いてみましても、
「そりゃ、考えられへん!」
となぜか関西弁でのお答え。

「もうしつこい男の子はきらわれるぞ」的な
メイド喫茶的な返答に期待しつつも(ウソ)

三度目の正直として、今回は目先を変え
問い合わせ部署をちょこっと変更し(前回2回は同じ部署で同じ人が答えたため)
問い合わせをしてみました。

大まかなお答えは一緒なのですが、
今回の方は一歩踏み込み、
僕の設定を確認してくださり、
それを踏まえたうえでアドバイスを下さりました。

「君の設定はここがダメなのよ!!」(ツン)

「ここをちょっと変更してみれば」(デレ)

(すいません、秋葉原文化をまったく理解してないので手探り状態で進行しております)

とまぁ、こんな感じで
「えぇ?そうなの、君がいうんなら僕変更しちゃう」的な感じで
ポチッとな!
と設定を変更してみますと、
見事広告が表示されるではありませんか!!

「おぉ!すごいよ!すごいよ!キャサリン!(前回参照)」
と、前回主役の座を奪われたキャサリンが主役を食うほどの大活躍で
物語は一気に終盤へと加速します!

で、ここ3,4日ほどアクセス数の変化を見ますれば、ほとんど変化なし。

え~、広告がきちんと表示されてもウチのホムペのアクセス数は
ほとんど変わらなかったわけですね。

やはり物語の主役はジェーン(さわらさん認定)であって、
キャサリンはいくら名演技といえど脇役であると。

喜ぶのは身内(and自分自身)のみと。

そんなわけで、ネット広告に関しては根本的な対策が必要なようなのです。

むぅぅぅぅぅ。
ぐちぐちぐちぐちぐち
2008/11/10/ (月) | edit |
なんですか、ちょっとイライラしておりまして。

現在ウチのサロンの広告はネットに頼っているわけです。
某広告サイトにですね、掲載しているわけですが、
これがどういうわけか最近表示されないのですね。

簡単にいいますと、以前僕がめちゃめちゃ頑張っていたSEO対策と
同じようなもので、たとえば検索サイトであるキーワードをいれると。
で、そのキーワードがウチのようなサロンを探している、合うキーワード
たとえば「疲れ」「癒し」などですね、が検索されますと、
ウチのサロンの広告がビバッ!と表示されるシステムなのですが、
それが表示されないと。

で、この広告のおもしろいところは
その表示順位が広告と検索キーワードとのまいっちんぐマチコ先生、
あっ、違った、マッチングによって表示順位が決定されるのですね。
SEMというんでしょうか、なので頑張れば上位表示が可能で、
上位表示できますれば、ウチのホムペに見込み客を取り込める可能性が
大きくなるわけです。

でも、最近それが表示されないと。
かなりマニアックな見方をしないと表示されないような位置にしか
表示されなくなったのですね。

これは困ったと管理会社に問い合わせるも、
「掲載順位の決定要素は秘密でこれはこういうものなのです」的な回答。

で、再度自ら検索してみれば、ど~脳みそを振って考えても
そのキーワード(←ウチのHPを見て欲しい人が入れるであろうキーワード)との
まいっちんぐマチコ先生、あ”~、また間違えた!
マッチングが全然合ってないサイトがいくつも上位表示されているのですね。

どうなっているのかと、おかしいじゃないかと。

「なんであの女がシンデレラ役なの!!」と
キー!とハンカチ(白でレース)の角を噛みながら
自分は陰険な姉役に決まったキャサリン(14歳)
の学芸会での出しもの「シンデレラ」のシンデレラ役決定投票の
直後を髣髴とさせる心理状況なのですね。

そんなわけで僕も、上記のキャサリン同様なんの対抗策もなく、
ほとほと困っている次第なのです。

いとしさとせつなさと…
2008/11/06/ (木) | edit |
賞味期限切れ3日目の豚肉にやられたような気がするのんです。
胃の噴門あたりが痛いんですね。
で、軽く吐き気というかむかむかするというか…

というのもですね、ここ数日外食というか飲み会が続きまして、
それを考えずに豚肉をある程度の量購入しましたら
賞味期限切れても食べきれないと、
なので、果敢にチャレンジした結果がいまの状況になっているのですね。

で、その飲み会というのがサロンブログにもアップしましたが友達の結婚式、
そして、昨日は前の会社の人達と約1年半?2年?ぶりくらいの
飲み会だったわけです。

でね、思うんですよ。
というか、感じるんですよ。
祭りの後の雰囲気というんでしょうか、
そんな感じの漠然とした寂しさをね。

まぁ、珍しくというか、元来のというか、
元々ロマンチックがとまらない私なわけで、
裏を返すとすなわちそれはセンチメンタルなジャーニーで
伊代はまだ16なワケです。

要するに寂しがりやさんなわけですね。

で、これが例えば高校時代なんかですと、
別に次の日も学校に行けば友人とあえるわけで
祭りの後の寂しさもなく、
これまたサラリーマン時代であったならば
これまた次の日会社に行けばみんないるわけで、
おまけに一時期うちの会社(営業所)は週3~4回くらい飲み会をしていまして、
それはそれでうっとおしいかったのですが、
会社を辞めて群馬に留まっていたときなどは
それでも頻繁に旧同僚と飲んでましたので
こんな感情にはそんなにならなかったんですね。

で、これまた例えば僕が結婚したりしていたら嫁などに、
「今日の結婚式はあれがこーで」と
写真やオーバーアクションを交えつつ
または、「今日の飲み会はこれがこーで」と
物語仕立てに聞かせたりなどと
それこそ1粒で2度おいしい的な、
1粒300m的な
そんな感じで寂しさどころか
楽しい時間を共有できたりできるんですよ。
(嫁にとっては一方的過ぎてちっとも楽しくないかもしれませんが)

ですが、今の状況とですね、この仕事形態といいますか、サロン状況ですと、
祭りの後の寂しさがそれこそ津波のようにだだ~ん!と、ぼよよん、ぼよよん!と
襲ってくるわけですよ。

でね、まぁ、これが仕事が忙しかったりしますれば、
これまたそれほど気にならないのかもしれませんが、
なんだか知りませんが今月は激暇なわけで、
金銭的にもこまりますし、精神的にも参りますし、
そりゃTKも詐欺罪で捕まりますわと、
そんなわけで本日のタイトルなワケです。

で、前々からいってはおりますが、いつかはサロンをですね、
大きく展開いたしまして、スタッフさんも雇ったりして、
それこそ春は花見で夏はビアガーデン!
秋は紅葉狩りで冬は忘年会!新年会!とですね、
酒が飲める飲めるぞぉ、酒が飲めるぞぉ~!的な状態にしよう!と。

なのでこのいとしさとせつなさをしっかりと味わってですね、
それをココロの糧としまして、地道に地道にサロン運営に邁進しなければ!と、
センチメンタルなジャーニーにいっている暇なし!と、思うわけです。

でも、その前にですね、賞味期限切れの豚肉をどうしようかと、
どうしようかというのは、もちろん食べるんですが
どう調理すれば一番ダメージが少ないかと。
とことこんまで煮込むべきではなかろうかと
じゃぁ鍋でもするかと、
そんな今日この頃なワケです。
拾い物
2008/11/04/ (火) | edit |
書評ブログの途中ですが、臨時ブログです。
サロンブログのネタを探していたら
おもしろい動画に当たりましたのでご紹介いたします。
どうぞご覧ください。

ニコニコ動画ですので、IDが必要となります
音が出ますご注意ください。



どうでしょう?

僕はご存知(?)のようにYUKIの大ファンなのですが、
これを見て爆笑。

幾三ブームはYUKIにも波及していたのですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。