27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神様からの贈り物?~最終夜~
2007/03/28/ (水) | edit |
さて、なぜかシリーズ化してしまった神様からの贈り物?
今夜はその最終夜です。

え~、いま本日のブログを全部書き終えましたところ、
ここ最近の中でも”超”がつくほどの長文となってしまいました。
最終的に言いたかったことが下から4段落目から読んでいただければ
伝わる内容とたぶんなっております。
お急ぎの方はそこだけお読みいただければ幸いですm(_ _)m

このシリーズは全編「麻ことのはなし」中山康直
を参考にしたり、意訳したり、抜粋したりしていますが、
今夜は僕が「なんだかなぁ」と思ったことについて。

この本は大麻の環境資源的価値からその歴史背景、
古代日本におけるその存在意義から他の古代文明
とのつながりなど内容が進んでいくんですが、
そのうちムー文明やマヤ暦、大麻暦、
ついにはツォルキン暦、宇宙、金星、シリウス、イルカなど、
えらくスピリチャルな方面に飛んでいってしまいました。

で、”大麻””イルカ””きのこ”は
シリウスを起源に様々な星を経由して適合してきた調和のエネルギーを内在した存在
(P167~P168抜粋)だそうです。

むぅ。ただの大麻環境論の本だと思っていたら予想外のこの展開。

でも、僕が「なんだかなぁ」と思ったのはここではないのです!

僕が「なんだかなぁ」と思ったのはこの部分。

大麻のもつ特性の中で現代社会がもっとも懸念している
薬理効果をむやみに助長するつもりは、さらさらありません

(まえがきより抜粋)

ここです!

僕は大麻さんの薬理効果は”あり”だと思うのです。

ちょっと前の五行シリーズではありませんが、
万物には””と””があります。
あるからがあるわけで、
大麻さんの麻薬的な面もあるからこそ環境資源的な面もある。
それをあわせて”大麻さん”なわけです。

まぁ、確かに助長することはありませんが、
もっと大麻の薬理効果とその安全性に触れて欲しかったという点が
なんだかなぁ」となるわけです。

で、なぜ僕が大麻の麻薬的部分が安全と思い込んでいるかというと、

僕の大好きな作家、故中島らも氏が彼の作品中で何度も
”大麻は大丈夫”と言っていた影響を多大に受けてるからです。

らもさんをちょっとご存知な方は”ジャンキーのたわごとだろ”
と思われるかもしれませんが、
らもさんは薬なら何でもいいというスタンスではなく、

”覚せい剤やLSDは陰気な感じがしてよくない”

というようなニュアンスを言っておられ、
どちらかというと、大麻以外の麻薬、覚せい剤には
嫌悪感すら抱いているような感じでした。

でね、ちょっと調べたところ、例えば大麻の影響で
幻覚を見て傷害事件を起こしたとか、殺傷事件を起こしたとか
そういう事件は見あたらないんですよね。
(もし、そういう事件が起きていたならば、
 僕はあっさりこの論を撤回させていただきます)

さらに、この本にも
麻薬(アヘン、モルヒネ、ヘロイン)にはある
習慣性、禁断症状、中毒症状、致死量が大麻にはない
と書いてあります。

世界的な認識としてアルコールやタバコと比べても
大麻のその精神的作用の少ないと考えられているようですし、
むしろ嗜好品としても優れていると考えられているようです。

現在、日本では大麻取締法により、大麻の所持、栽培、譲渡等が禁止され、
所持等が発覚すると法律に従い罰せられます。
この法律が導入された理由は第二夜で書いたとおり。

法律で決まっているから罰せられる。
でも、その法律が制定された背景を考えると
さらにさらに「なんだかなぁ」とおもってしまうわけです。

ちょっと前世間を賑わせた某農林水産大臣の光熱費問題。
常識的に考えてありえないほどの光熱費を計上し、
普通に考えれば不正請求だと思われるこの事態に対しても
”法律上は問題ない”とその責任をとる態度を全く見せません。

法律上問題ないのならば何をしてもいいのか。
法律上罰せられることがほんとに間違ったことなのか。
そんなことを考えさせられた「麻ことのはなし」なのでした。

ちなみに、中島らもさんは”法律で罰せられる国では
絶対大麻はやらない”とおっしゃっておりましたが、
2003年に大麻取締法で逮捕されております。

この事件を聞いた中島らもファンは皆
「ああ、やっぱり。らもさんらしいや」
と変に腑に落ちたと言われております。
スポンサーサイト
Comment
Comment list
あったねぇ。らもさん。
そんなに前のことだったからしねー。

しかし、今回のお話はいいお話だったよー。
確かに大麻って、覚せい剤やLSDとかより印象はいい。なんていうかな、麻薬界の「ドン」というか。
マフィア界のドンも、素人には手を出さないじゃないですか?チンピラランクの覚せい剤とかは素人を食い物にしちゃうんだけど。(分かりにくい例えでごめんね)

法律上・・・ってさ、最近思うのは国的、お金持ち的(資本家とか財閥とか)を守るためのご都合ルールみたいに感じてるところがあります。だって、一般市民を守りきれてないじゃん?国が悪くても、国が個人に必ず勝つようにできてるよねー。
2007/03/29(Thu) 07:46 | URL  | 弁天 #-[ edit]
なんだかねぇぇ
姉と同じく、わたしも法律ってものは強者に優しく弱者に辛いものだと思ってるので、どこか都合のいいように解釈されてるようにしか思ってませんね・・・。
国によって合法だとか違法やら。
全てはつながっているんだなぁと常々思います。
2007/03/29(Thu) 18:52 | URL  | さー #-[ edit]
むむむ・・・
大麻、今まで悪いもんだ!と聞いてたから悪い!と思い込みが大部分だったなぁと今回実感しました。色んな事が目から鱗(ぽろぽろ)
法律に関しても弁天さん、さーさんと同感です。今回の麻のお話は、麻自体の事について考えられたのは勿論ですが、法って誰のためにあるの?って事も考えさせられる深い内容でした。
2007/03/30(Fri) 10:19 | URL  | さわら #-[ edit]
~弁天さん~
らもさん、捕まった時ネット上でらもさんファンが
「らもさんが大麻をやることはギター弾きがギターを弾くようなものだ」
と書いてあるのをみて「なるほど」と納得いったものでした。
ねぇ、僕も法律って多くの国民のためでなく、
ごく一部の資本家、権力者のためにあると思います。
でもね、高木善之氏はそういう権力者達は
”最大の少数派”だといっておられます。
大多数の一般市民たちは一部の権力者達が潤うような世界を望んでいるわけではありません。
高木氏はそのために政府が関係しない
”真の国連”をつくる活動をされております。
個人が国に勝つ、個人が住みやすい世界になるのもそう遠くないと思います。
ネットを使ってこうやっていろんな意見が発信できるようになってきたしね♪
よくなりますよ、世界は。

~さーさん~
おぉ!さすが、姉妹ですなぁ。
たしかに今は国やら大企業、
某大国の利益優先になっています。
が、弁天さんのコメント返しにも書いたように
国や企業の利益よりも大多数の個々人のために
頑張っている人もおられます。
”ハチドリの一滴”の話ではありませんが、
僕らも出来ることをちょっとづつやっていければ
世界はよくなっていくとおもうのです。

~さわらさん~
おぉ!鱗ポロポロ落としていただけましたか!
ねぇ、僕らが信じていた常識というか、正義というか法律とかって、
権力者や資本家の思惑が思いっきり入って作られたものかもしれません。
でも、これからはネットもそうですが、
一個人の発信したものが全世界に広がることも可能なので、
うまくやっていけば住みよい世界になるとおもいます。
2007/03/30(Fri) 16:47 | URL  | のん #3v1sqfKU[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。