27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
注文が殺到する広告の作り方~第八夜~
2008/03/23/ (日) | edit |
いや~、鹿男、よかった。
あとは薔薇のない花屋だな。楽しみだな。

さて、突然ですが、皆さん折り込み広告やフリーペーパーをご覧になりますか?
ご覧になる方はどのような理由でご覧になりますか?

僕なんかはこういう仕事を始める前からちょこちょこ見ておりました。
サラリーマン時代、僕は転勤族でして。
で、お酒を飲むのがけっこう好きでしたから、
「どっかいい店ないかね~」なんつって
ネットやフリーペーパーで探すわけです。
今なんかは広告の勉強になるのでそれこそ駅前から
フリーペーパーを奪い取ってまで見ております。

要するに自分に得な情報があると思うから見るわけですね。

で、今の僕に大事なのは僕のサラリーマン時代の感覚。
その当時、なんとなく見ていた広告でも
やっぱり目にとまる広告、店があったわけです。

例えばお店の新規開拓を考えながらみていたら
「新装オープン」のお店に目が行くわけで、
焼き鳥をつまみに旨いビールが飲みたければ
「炭火焼き鳥!」のお店に目がとまるわけです。

このようにきちんと目的があってみる場合、
価格はそれほど重要な要素に入ってきません。
なぜなら、最初から「安いとこ、安いとこ!」とさがしてるわけではなく、
「新装」と「焼き鳥」で探しているわけだからです。

なので、お目当てが見つかったらそこで初めて価格を見ます。
というか、探している時にだいたいの相場は想像しながら探しているので
予想と比べ、べらぼうに高くなければもうそこに決定です。
これが前回価格は不振の原因でないといった理由ですね。

では、僕の出した広告の反応はなぜ悪かったのか?

で、一時期僕が出していた広告のキャッチコピーというのが

「世界基準のテクニック!スウェディッシュ!」とか

「実感!身体本来の軽さ!スウェディッシュオイルトリートメント」
とかです。
いや~恥ずかしい。ほんとにお恥ずかしい

スウェディッシュが大好きでスウェディッシュの魅力を伝えようとするあまり
スウェディッシュの紹介ばかりしていたのですね。

これが例えば「スウェディッシュ!スウェディッシュが受けたい!!」
というマニアがいたならば、そのココロを掴んで放さないどころか、
むんずと両足を掴みジャイアントスイングをしたところで
そのお客様は来店してくださることでしょう。

でも、そんなマニアはめったにいない。
前回の計算の3000人の中にも、広告配布総数30000人の中にも
1人もいないのではないでしょうか?

では、どんなキャッチコピーがいいのか?

ところで今夜のタイトル。
宮沢賢治の注文の多い料理店をもじってみました。
宮沢賢治といえば…あめゆじゅとてちてけんじゃ…。
………はい、知ってる限りの宮沢賢治関連の知識を披露してみました。
あっ、あとは、グスコーブドリの伝記でしょうか。

で、今夜のタイトルのような本が出版されていましたら、
僕は間違いなく書店でその本を手に取ることでありましょう。
いま広告の作り方が知りたい僕にとってはよだれものの本です。

どんなキャッチコピーがお客様のココロをむんずと掴んで放さないのか。

その答えは簡単。
お客様がよだれをたらしてしまうような
キャッチコピーを書ければいいわけです。
むふ、むふふ、むふふふふ。
えっ?具体例ですか?なんですか?ぐたいれいって?
霊体ですか?エクトプラズムですか?
えっ?よく聞こえないなぁ…

具体例がいまここで書けるのならば僕もここまで苦戦していないわけで(TT)




スポンサーサイト
thema:企業経営
genre:ビジネス
Comment
Comment list
折込広告やフリーペーパーはチェックしますよっ。
主婦たるもの、1円でもお得な買い物をせねばなのです。
あとはたまについてるクーポン目当てとか(所帯じみてるわぁ)
キャッチコピー、難しいですねぇ。
とはいえ、私のように無知な者はまず『スウェディッシュとはなんぞや?』
って所から始めないとですね・・・
さんざんのんさんの所にお邪魔しておいて今更でスイマセンv-356
スウェディッシュならではの魅力的かつインパクトのあるコピー、
出ちゃったエクトプラズムが戻ってくるついでに引っ付けてきてくれるといいんですけど~
2008/03/25(Tue) 11:34 | URL  | さわら #-[ edit]
ありがとうございます!
~さわらさん~
ん~っと、後々本編で書こうと思っているんですが、
どうやら「スウェディッシュ」がどうのと説明しない方がよい見たいなんですよねぇ。
ポイントは違うところにある!と。
ウチのマーケティング学科が申しておりまして。
それに、説明するのも非常に難しいというか、
スウェディッシュのよさを伝えるのが難しいんですよねぇ。
色々試行錯誤でございます。
2008/03/25(Tue) 21:38 | URL  | のん #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。