27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経験値
2008/06/18/ (水) | edit |
先日美容院にいってきまして。
かねてからの懸案事項でありました髪型ですが、
厳選なる協議の結果、

「じゃ、いつも通りで」

ということになりまして、
しばらくはこのまま粘っていこうかと言う所存でございますのんです。

さて、お話はがらりと変わり、ちょっと前ですが、両親と旅行に行ってきたんですね。

その時ウチの父親が風呂場で難儀したと。

「止まらなかった」と。
「止まらなくて大変困った」と。
彼は申しておりました。

何が止まらなかったというと
トイレのウォシュレットだそうで。

彼の話を要約しますと…

風呂に入る前におもむろにトイレに行き、用を足した後、
いつもの通りウォシュレットのスイッチをon!
その後stop!を押したところいっこうにとまらず、
外には「いまや遅し!」と何度もトイレに出ては入る
トイレ待ちの人の気配も感じたが、
しかし、ウォシュレットはシャーシャーと噴射し、
何度”止”を押したところでその状況はいっこうに改善の兆しを見せず…

とこんな具合だったそうで。

で、どうやってその危機的状況を脱したのか?と尋ねますれば、

タイミングを見計らいトイレ待ちの人に
「出たいんですが、ウォシュレットが止まらんのです! 」
と助けを求めたところ、
「あっ、僕にお任せください」とその方は言ったかどうかはわかりませんが、
緊急事態ということもあり、トイレの鍵を開け、その待ち人に助けてもらったと。
聞くとその待ち人も以前同じような境遇に合い、自らその危機を脱したのだと。
こんな感じです。

で、さらによくよく話を聞きますと、
ウチのおとんが必死で押していた”止”ボタンはどうやらリモコンの方で、
危機を救ってくれた待ち人が押したのは便座についている本体の”止”だったようです。

確かにそのトイレは比較的新しいタイプらしく、
洗練されたデザインのため操作ボタンが便座と一体化してわかりにくいのです。
そのためのリモコンなのでしょうが、リモコンが利かないとなると
ウチのおとんのように止められない人も出てくるでしょう。

「女風呂は大丈夫だったか?」とおとんがおかんに尋ねましたところ、
おかん曰く、「ウォシュレットも反応せず、それどころか便座も冷たかった」
とのこと。

で、けっして自慢ではありませんが、
僕はトイレにはかなり精通していると自負しております。
当日記におきましても、これとかこれとかこれなどと、
トイレの話が頻繁に出てくるほどのトイレマニアトイレオブトイレ
ベストオブトイレニストな僕なわけです。

人生の先輩であり、僕よりも30年くらい長く生きているおとん、おかんと比べても、
その経験値の差は圧倒的と言っていいほど僕の方があるわけです。

そんなトイレットイズマイライフな僕がおかんに尋ねました。
「主電源はチェックしたのか?」と。
「コンセントは入っていたか確認したのか?」と。

おかん曰く「ん、してない」とのこと。

ありえません!全くもってありえません!!

トイレに入り、そのトイレがウォシュレットならば
電源が入っているか否か。ないならばコンセントは入っているのか?
もし、コンセントが入っているにもかかわらず、電源が入っていなければ
そのウォシュレットは故障の可能性が大!
別の便器に移るか、ウォシュレット機能をあきらめた上での
排便を覚悟し、その心積もりで意を決し、排便行為にうつるのです。
こんなものは基本中の基本です!
いろはの”い”です!!
トイレの教科書1ページ目です!!!

これを理解していれば、たとえおとんのような状況に陥っても
主電源を切る、コンセントを抜く、どちらかの選択で
危機的状況は回避できたのです!
トイレは戦場です!こんなことでは命がいくつあっても足りたものではありません!!!

と、僕がいくら声高に叫んだところで、トイレ初心者のおとん、おかんには
まったく想像しえないテクニック、方法、思考回路なのでしょう。

これと同じことがサロン経営にも言えるわけです。
やはり経験値の差は大きい!という話の前フリでこのトイレ話をしたのですが、
思いの他どころか、超長文となりましたので、
本編は次回に。

ちなみに、今回おとんの危機的状況の中で唯一救いだったのは、
彼が全裸でトイレに入らなかったこと、
そしてタオルを持っていたことでしょう。

まっぱで手ぶらじゃさすがに助けを呼ぶのも、ねえ。

スポンサーサイト
Comment
Comment list
まさに・・・・
我が家は既に「い」さえできない状態に・・・。
最近もらったのが・・・壊れてたから。付けてから気づくのでもう一回取る気力がないんですねぇ~・・・。どうしよ。
おとんさんの話はいつも笑わせてもらってます。どこか置いてけぼりな感じがするおとんさんが哀愁じみていい味が・・・。
髪型変わらずのんさんがビシッと教え込んでみては??
2008/06/19(Thu) 05:56 | URL  | さー #-[ edit]
ウッシュレット注意点
うちはアパートに望みもしなかったのに、たまたま前の住人が置いてきまして。他の部屋にはないので優越感さえ感じさせてもらっています。
おとうさん、救われたね。
ずっとウッシュレット水にお尻を預けてたら痛い目見ますからね。『まえに私も同じようなことが…』と言われて助けてもらうと恥ずかしさも半減するし。
ウッシュレットって男の人、大好きだよね~。うちのもウォシュラーだからさぁ。
でも使いすぎは雑菌を排除する体の機能が落ちるから気をつけてね。
2008/06/19(Thu) 07:34 | URL  | 囚人 #-[ edit]
いつもおっとりののんさんの熱すぎるトイレ談義に圧倒されてしまいました。
す、すいません、私もトイレ超初心者でございます。
のんさんがトイレ王子なら圧倒的にトイレ庶民的位置です。
多分お父さんと同じ状況になったら私もパニクりそうな予感大だったので、
今回予習できて良かったです~♪(あとお父さんがタオル持ってて良かった~)
トイレは洗浄・・じゃなかった、戦場、うーん、名言です。
2008/06/19(Thu) 10:51 | URL  | さわら #-[ edit]
こんばんは。
これでもかとトイレ達人な形容を駆使して、しまいには「トイレットイズマイライフ」ときたので、夜中に笑ってしまいました。
洗練されてるのに笑わせるいい文章お書きになりますねえ。

あ、名前こっち表記にしてみました。
2008/06/23(Mon) 01:43 | URL  | フランチェスコ #-[ edit]
ありがとうございます!
さーさん
ぬぁ!うぉしゅれっとがうぉしゅれっとととして機能していないのは
うぉしゅれっとをして志なかば!本懐を遂げられず!
まことにもって無念!といううぉしゅれっとの心の叫びが聞こえます!
トイレカウンセラーといたしましては速やかに修理に出すor断腸の思いで廃棄
の選択肢をお勧めいたします!

囚人さん
ぬぁ!使いすぎはカラダ本来の機能が落ちてしまうのですか!?
僕はこれでもか!といわんばかりにうぉしゅれっとを使いまくっておりますよ。
もちろん強さはいつも”強”!
う~ん、気をつけます。

さわらさん
ぬぁ!トイレ王子!これ名言!そっかぁいまならこの名称だったな。
今度のトイレネタの時にはトイレニスト改めトイレ王子と名乗らせていただきます!
で、トイレは洗浄、ダジャレ!これまた名言!
ん~、そっかぁ。漢字書き換えとけばよかったなぁ。
今後、このフレーズ出るとは限らんし…
むぅ、無念。

フランチェスコさん
ぬぁ!ようこそおいでくださいました。そして、コメントありがとうございます。
本当にちっちゃい頃からトイレによくいっておりまして(しかも大の方)
踏ん張る力のおかげで腹筋がついたのではないかと
自己分析してしまうほどのトイレマニアな僕なのです。
お名前、こちらのほうがしっくりきますね、はい。
2008/06/24(Tue) 22:30 | URL  | のん #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。