27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経験値~最終夜~
2008/07/13/ (日) | edit |
結局本題にいっこも入らぬまま最終夜を迎えました
この経験値シリーズ。

かれこれ2,3週間でしょうか?
毎日2回、きっちり6時から7時の間「ぴぴぴぴ」と
外から鳴り響くめざましの音に悩まされ続けた僕ですが、
この物語の結末はあまりにもあっけなく、そして意外なものでした。

皆様、ハンカチをご用意ください。

敵であるめざまし時計の攻撃に対する防御策として、
「めざまし野郎の攻撃時間より早く起きるぞ!」作戦を展開していたのですが、
作戦開始以来横浜ベイスターズもびっくりな連戦連敗。

ここ最近は必ず6時半頃に目覚め、
「くっ、今日もぴぴぴぴいってるじゃねぇか、このやろう!」
と敗北感とともに起床していたのですが、どうも様子がおかしいのです。
寝ていて気づかないだけかもしれませんが、どうもめざまし野郎の攻撃時間が
6時開始から6時半開始に変わっているようなのです。
でなければ、こうも毎日この僕が6時半に起きるわけがありません。

これはおかしいと。
わざわざ一度6時半にずらしておいといて
そのめざましの持ち主である住人がめざましを止め忘れるのは
考えにくいと。
もしや誰かが僕の部屋にカメラを仕掛け、
毎朝、夕、僕が右往左往する様子をみてほくそ笑んでるのではなかろうかと。
そんな突拍子もない妄想もふくらみましたが、
その理由は全然考えもしないものでした。

その日の夕方、時計をみると6時をちょっと過ぎたくらいです。
いつもならば「ぴぴぴぴ」と攻撃をしかけてくるめざまし野郎も
今日はいっこうに鳴る気配もありません。

人間不思議なもので、慣れというのでしょうか、
最初は不快だったあの「ぴぴぴぴ」という電子音も
毎日あれだけ同じ時間に鳴っていれば、
なければないで微妙に落ち着かないような、
寂しいような気持ちになるのです。

そして、6時半過ぎ。
「ぴぴぴぴぴ」といつものように外から聞こえてきました。


「おうおう!今日はずいぶんとおそい攻撃開始じゃないか、このめざまし野郎!」
と心の中でにやけながら悪態をつき、
「ん?おまえはどこから鳴ってるんだ?今日こそみつけちゃうぞ!?」
などと言いながらベランダに出てその音の出所を見つけるべく、
注意深く耳をたてると、どうも様子がおかしいのです。

いつもならば規則正しく「ぴぴぴぴ」と鳴り響く電子音。
これがその日に限って「ぴぴっぴ ぴぴ ぴ」とリズムが狂うのです。

僕はこの時全てを悟りました。
彼(めざまし野郎)の身に何がおきているのかを理解しました。

みなさんおわかりでしょうか?
いつもは6時に鳴っていためざましが6時半になった。
リズムが途切れ途切れの電子音。



そうです、彼の命(電池)が切れかけているのです!



彼の落ちた体力(電池)が時を刻む力を遅らせ、
「ぴぴぴぴ」と鳴らすリズムも狂わせているのです!

「おい!どうした!大丈夫か、めざまし!!」

僕の問いかけにも彼は力なく「ぴ ぴぴぴ ぴっ」
と答えるのみです。
それでも、彼は最後の力を振り、力尽きるその瞬間まで
「ぴぴぴぴ」と鳴ることをあきらめませんでした。

「おい!もういいじゃないか!めざまし!今日はもう休め!
 鳴らすのをやめて、体力を少しでも温存するんだ!」

それでも彼は「ぴぴぴぴ」と鳴らすことをあきらめません。

「おい!無理するな!おまえのご主人様が帰ってくるその日まで、
 きちんと時を刻まねばならんのだろう!
 いま、無理すればお前の刻む時はますます遅れる。
 鳴らすのをやめ、時を刻むことに全力(電力)を傾けるんだ!!」

「ぴっ、ぴぴpぴっ・・ぴ」

それでも彼は不規則なリズムで電子音を鳴らし続けました…

そして、今朝、6時半、7時、8時…

めざましの電子音が聞こえることはありませんでした。

もちろん、夕方も、いま、この時間も。

彼は最後まで時を刻み続け、
そして、最後の最後まで「ぴぴぴぴ」という電子音を鳴り響かせようと
力尽きるその瞬間まで、彼の秒針を進め続けたのでしょう。

めざまし野郎、ご主人様がいなくとも
その役目を忠実に果たし、眠る。


スポンサーサイト
Comment
Comment list
全米が、泣いた・・・!
「これは意外な結末!」「予想だにしませんでした!」「友情って、いいですね」
代弁しました。え、オーバー?
ほら、漫画「イタズラなKiss」で琴子が入江君に最初はうざがられながらも、最後は結婚しちゃったってのを思い出して・・・。あ、わかんないですよね少女マンガ・・・。
ともかく、うざい(嫌い)→気になる→心配→友情(好き)の起承転結が見事に成って。
1ヶ月近く鳴りっぱなしにしとくと、切れるんだなぁ~と、電池の容量を確認もし。
彼(時計)を糧に、また毎朝安心な日々をお過ごし下さいな。
2008/07/14(Mon) 10:09 | URL  | さー #-[ edit]
め、めざまし野郎ーーーっ!!!v-406
ふ、不覚にも熱い何かがほとばしりそうになってしまいました(エヴァ?)
それにしてもこのオチは予想してませんでしたv-405
でもまた新しい命=電池を入れてもらった暁には
『帰ってきたぜ兄弟!』ってな感じで絶好調で鳴りまくるんでしょうかね。
横スレですがさーさんのイタズラなkiss理論で大きく納得。(超大好き漫画ですとも!)
最初はウザいだけだったのにいつの間にかないと寂しい→なくてはならない存在に(大げさ)・・・これって恋?(そんな訳ない)
2008/07/14(Mon) 12:52 | URL  | さわら #-[ edit]
ありがとうございます!
~さーさん~
効果的なCM、ありがとうございます!
んっと、「イタズラなkiss」ですね!入江君と琴子ちゃん。
あーねー…すいません、まったくわかりません。
そうそう、さすがに電池の寿命が…と思いましたが、
このお話には後日談がございまして、この話は
また後日お届けいたしますね。

~さわらさん~
おぉ!さわらさんはエヴァ好きでもありましたか!
ほとばしる何かはわかりませんが、
ATフィールドでやしま作戦なわけです。はい。
で、このめざまし野郎、「帰ってきたぜ兄弟!」
となったかどうかはまた後日。
んっと、イタズラなkissですね、おもしろかったですねぇ…
すいません、やぱり全然わかりません。
2008/07/17(Thu) 19:58 | URL  | のん #-[ edit]
のんさんマジック
斜体の文ともすれば不快な日常の愚痴になりかねぬ内容を、最終的には読んだものを泣かせるまでに昇華させるその文章力に完敗です。

両目はあふれ出た涙で一杯です。

目覚まし野郎よ、、、安らかに眠れ。


PS最近元気がないのですが、かなり笑わせていただきました。
寿命が恐怖新聞とは逆に100日は伸びた気持ちです。
2008/07/19(Sat) 00:57 | URL  | フランチェスコ #-[ edit]
ありがとうございます!
そうです、そうですか!目に涙がいっぱいですか!
しかし!このお話には後日談がございまして、
これが今までのストーリーをただの日常の愚痴にと
昇華、ならぬ昇天させてしまう可能性大なわけですが、
話さずにいられようか、いや、いられぬ!!
という回文?じゃなかった反語?も飛び出すグチグチさ加減で
アップさせていただく予定ですので読んでがっかりしてみてください。
恐怖新聞!懐かしい!そうそう、読むと寿命縮むんですよねぇ、あれ。
なんか久々に聞いた「恐怖新聞」と言うフレーズで
暑いなかでもテンションあがりました!ありがとうございます!!
2008/07/20(Sun) 15:09 | URL  | のん #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。