27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疒(やまいだれ)
2009/01/13/ (火) | edit |
え~、本日はお日柄もよく。

わたくし、珍しく朝早く起きれまして、
目をクワッ!と見開き、

「富士山が俺を呼んでいるぜ!!」

と布団を蹴り上げ、これまた珍しく早朝ジョギングなどに洒落込んだわけです。

で、朝走るのも久しぶりならば、ジョギング自体が久しぶり。
早々に息も上がりましたが、

「限界を越えてからが勝負!」

とわずか数百メートルで限界に達した我が肉体に鞭打ち、
私の中の富士山ベストスポット、
ご近所の○○富士公園までは走っていくぞ!と歩を進めたのであります。

「今日のお台場は~」のめざましテレビの愛ちゃんによりますと
今朝のお台場は気温0℃。

おそらく私が住むここ横浜も恐ろしく寒かったはずですが、
そこは久々のジョギング。

息も上がる以上に汗もけっこう出てきます。

やっとのことで(といっても2キロくらい)○○富士公園につき、
そこにあります○○富士というちょっと高台になった見晴台のような丘に登りまして、
ゆっくりとした深呼吸を2つ3つ。

「今日は一段と綺麗じゃないか」

などと富士山にストロベリートークをいっぱつ。
心なしか赤くなった富士山をバックに、
おもむろに右内転筋を伸ばしながらも同時に左腹斜筋を伸ばしますれば、

ピキッ!て。

思いっきりピキッ!って

背中がくるではありませんか!!

もうね、またもやぎっくり腰

前回のぎっくりが完治したとおもったらまたぎっくり。

こんな短期間での再発は生まれて初めてですし、
今度のは近年まれにみる痛みが伴っております。

分析しますに、発汗と立ち止まったことによる急激な体温の低下、
そこに富士山に対するストロベリートーク。

色んな意味で私の背中が

「さぶっ!」

となったためぎっくりに見舞われたのだと思います。

もしくはストレスかなぁ。

で、今回の場所は脊柱起立筋の1つ、右腰腸肋筋の停止あたり。
そこをそこそこに激しく痛めまして、
帰り道などはうまく呼吸が出来ず
「うぐうぐ」言いながらウォーキングで帰ってまいりました。

なんでしょうねぇ、このカラダの弱さ。
何かの病気ではと思ってしまうほどです。

もしくは背中になにか、子泣き爺的ななにかが
取り憑いているのではなかろうかと、
思わずにはいられません。

さすがにぎっくりが多発しすぎて今回のお話は恥ずかしくて
サロンブログには書きません。
書きませんが、その痛みの中、どうしてもやり途中のことがあり、
これまたあるものを製作したのですが、
それはまたサロンブログの方に書きたいと思います。

明日は歯医者だ!
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。