27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボルトと経営学 第一夜
2009/08/24/ (月) | edit |
世界陸上が終わりましてね、
いや~、やっぱりボルトはすごかったと。
思わずにはいられないわけです。

以前はよく日本人選手と黒人選手を比べて
骨格や筋肉的な特徴から短距離走では日本人選手は不利だとかなんだとか
言われておりましたが、
その黒人選手、それも当たり前ですが世界のトップレベルの選手達を
圧倒的に引き離してのあの快走。

ほんとに一人規格外という感じです。

で、そのボルトの速さについてですね、
やはり色々分析がなされているわけです。

陸上競技、短距離走というのは
けっこう科学的に分析されておりまして、

僕のな~んとなくの記憶ですが
日本では世界陸上東京大会、
もしかしたらその前のソウルオリンピックかもしれませんが
そこらへんから科学的分析がいわれていたような気がします。

で、たしかなんかの本で読んだんですが
きっかけは高野進さんではなかったかと。

日本人として大快挙の短距離種目(400m)で決勝進出を果たした高野さん。
その肉体を調べたところ、大腰筋が異様に発達していたとか何とか。
それプラス世界陸上東京大会でカールルイスなど
トップアスリートのデーターを取りまくり、
徹底的に分析し、速く走るためにはどうすればよいのかを研究したと。

たしか、そんな歴史があったと記憶しております。

そんなかで、短距離走での理想的な身長やら体重やら骨格やらや、
それに基づく速く走るための走り方がある程度ですがわかってきて、
そして実際早く走っている選手、当時世界記録を持っていた
アメリカのモーリスグリーンや
最近で言えばアサファパウエルなどは
なんかっけこうスッキリした感じで
こういう体格でこういう走りだから速いという
理論=現実がなされていたように感じます。

一方、ボルトは完全に規格外。
それまでの常識では長身の選手は
その長い手足をもてあますため、
けっして速く走れないといわれていたわけです。

なのに、速い。

その理由はまた今後の研究で明らかになってくるでしょうが、
いまのところ多くの陸上関係者は潔く

「彼は規格外」

と考えているようです。

で、最近の僕は以前お話したように
お金、

あ、ちがった、お店と陸上のことしか考えておりませんので、
これが経営学というかお店経営のお話だと大きく様相が変わってくるのですね。

次回はそこらへんのお話を
憤懣やるかたなくご紹介したいと思います。
スポンサーサイト
Comment
Comment list
おひさしぶりです。

へんとうせんの手術で入院していたので、
しばらくの間ネットから離れた生活をして
いました~><;
昨日無事に退院しましたので、また遊び
に来ますね~!よろしくお願い致します。
2009/09/19(Sat) 16:13 | URL  | みはる #lnYM7kUo[ edit]
ありがとうございます!
みはるさん
どうもどうも!お久しぶりです!
で、みはるさんのブログ拝見しましたよぉ。
なんだか大変だったようで…
無事退院されたようで何よりです!
こちらこそよろしくですm(_ _)m
2009/09/21(Mon) 12:15 | URL  | のん #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。