27歳と96ヶ月。趣味の陸上(100m)始めました(旧たまに書く日記)
10月の市民大会出場が目標
    
    【2011出場予定】
    5月28日 都筑区民陸上競技大会 100m
    6月19日 第3回横浜市記録会 100m
    
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
故郷
2006/08/18/ (金) | edit |
先日のブログで帰省した話をしたので、せっかくなので
今夜から何夜かにわたって僕の地元のお話をお送りしたいと思います。

本来ならば さすべえ分布図の途中経過報告をビシッ!と
しなければいけないのですが、
まぁいっか、って思っちゃったの。
急ぎでないから後でもいっかって思っちゃったの。てへ


なので、全国のさすべえファンのみなさま、分布図のほうはもう少々お待ちください。
そして、全国のさすべしすと(さすべえ使用者の意。さわらさん命名)のみなさま、
あなたのお住まいの都道府県はどこですか?
ぜひコメント欄に情報をお願いいたします。
さらにさらに、さすべえってなに?って思った方はこちらを読んでみてください。

で、やっと今夜の本題。僕の出身地のお話。

僕の出身は神奈川県の横浜市
人口300万を超える政令指定都市です。

「出身は?」
と聞かれ、

「横浜です」
と答えると

みなさま
「いいところですね」
とか
「おしゃれなところですね」
と好意的なお答えをいただけます。

なので、出身地を聞かれただけ、
ただそれだけで僕はちょっと誇らしげ、
ご機嫌な気分になれてしまうのです。


しかし


これはその場に他の横浜出身者、または横浜の土地に詳しい人
いないときだけ成り立つ気分なのです。

もしそこに僕以外の横浜出身者がいたとしたら、
話の流れとして

「横浜のどこ?何区?」

という話になります。

すると僕や僕の地元の出身者は
突然あたふたしだし、

「nえdgr区」

とわけのわからない言語を話し始めます。

なぜなら僕の出身地が横浜は横浜でも

横浜のど田舎

横浜のチベット

泉区だからです。

「泉区」と聞くと、たぶん他の横浜者は「ぷっ!泉区!?」
と勝ち誇った目で僕ら泉区民を見ることでしょう。

そんな土地、泉区がどれほど田舎かという話は
いつものように長くなったので次回に続きます。

あっ、誤解のないようにいっておきます。
まるで全ての泉区民が他の横浜者に対して劣等感を
抱いているように書いてありますが、これはあくまで
僕個人の感想ではなく、全ての泉区民心の叫びです。

というのはもちろんで僕の個人的な思いです。
気分を害した方がいらっしゃいましたら
最初に謝っておきますね。

でも、ちょっとあるよねぇ、劣等感。
ないですか?泉区民の皆様。

でも、もちろん泉区大好き。
スポンサーサイト
thema:神奈川
genre:地域情報
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。